門 門鑑定 mon-kantei.com

稀代のサラリーマン不動産投資家は、やっぱり陽財門だった

私の知り合いに、サラリーマン不動産投資家として大きく成功されている方がいる。

日中は都内の大手企業でサラリーマンをされているのだが、その傍ら、20代の時から不動産投資を始め、現在ではサラリーマンの給与収入の10倍近くのキャッシュフローを不動産投資から得ているとのこと。

ちなみに今では、団地一棟や商業ビル一棟を保有されている。

普通のサラリーマンが、である・・・

 

それだけ稼いでいて、なぜまだサラリーマンをされているのだろうか?笑

 

と思ったら、どうやら今年の夏にはとうとうサラリーマンを引退されるとのこと。おめでたい。

 

 

さて、これだけ『特異』な成果を出されている方。やはり私としては『門鑑定』の結果が気になる・・・

というわけで、早速鑑定してみることにした。

 

その結果が、このチャート。

ドンペリ大家のアビリティ

 

うーむ・・・やはり『陽財門』のアビリティが鋭くとがっている。

 

『財門』は、人と人、モノと人をつなぐことでビジネスや投資のスキームを構築し、財を成すことができる門。

中でも陽財門は、一発大きく当てるタイプではなく、お金や信用を毎月コツコツと積み上げることがお得意。

家賃収入を毎月コツコツと積み上げるような不動産投資は、陽財門の方には打ってつけの蓄財法である。

 

ご本人は『門』の事をご存知ないが、明らかに『陽財門』のアビリティをフル活用されている。

 

 

また、財門の方の成功の秘訣は、自我を打ち消して、自らは水面下に潜って財を生み出すこと。

この方は、これだけ成功されているにもかかわらず、人前に出ることはあまり好まず、どちらかというとウラでスキームを構築して、それを粛々と運営することに徹することを良しとされている。

 

まさに、財門の動き方・・・

さすがとしか、言いようがない。

 

門に沿った生き方をすると大成功されるという、いい見本である。

いやはや、末恐ろしい・・・

 

 

ちなみに、この方の「生まれながらの門」は、実は財門ではなく、『陽官門』。

官門について

では、陽官門の力は使っていないのか?

 

いや、これはこれで、存分に生かされている。

というのも、この方は自ら不動産投資をする一方で、他の投資家に対する不動産投資コンサルティングもされている。

 

この時に、

「自身の成功ノウハウをテンプレート化して、他の人にも実践させて成功させる。」

という面で、官門としての能力を使われている。

 

恐らく、不動産投資コンサルタントとしても、大きく成功されることだろう。

 

 

 

自らの門を「知らず」に門の力を利用して、これだけの成果を上げられているのである。

私たちは、自らの門を「知って」、武器として活用することで、成功していこうじゃないか。