門 門鑑定 mon-kantei.com

この世はゲーム。ゲームの中でのあなたのパラメーターは?

門とは、いったいなんなのか?

門鑑定でも、はじめにご説明させていただくことがある。

 

四柱推命に基づいた命理学

とも言えるし、

自分自身の素質や、つかむべき配役を体系立てた学問

とも言える。どちらも正しい。

 

ただ、どうにも「とっつきにくそうな」説明になってしまう・・・

 

私は、より分かりやすく説明するするために、こんな表現をすることがある。

『この世における、あなたキャラクターのパラメータですよ。』

 


 

ゲームに例えて説明したい。

 

私は、野球ゲーム「パワ○ロ」が大好きである。

 

このゲームでは、各選手の能力がA,B,C,・・・のパラメーターで表されている。

こんな具合である。

宮本

このように、ゲーム中のキャラクターの各能力がパラメーター化されているゲームは、他にもたくさんとあると思う。

そして、パラメーターが可視化されているからこそ、その選手をどのように起用すればいいのかが分かるのである。

 

例えば、上記の「宮本」選手。

パワーが低いけれど、足は比較的早くて、バントが上手。流し打ちもできる。

 

この選手を、あえて4番に据えることは、おそらくない。

きっと2番あたりを打たせるだろう。

 

ペタジーニ

一方、こちらの「ペタジーニ」選手。

パワー抜群のホームランバッター。でも三振が多く、足も速くない。

この選手を1番や2番で起用することはなく、恐らく中軸を打たせるだろう。

 

さて、こうした起用法について、

「そんなこと、当たり前だろ!」

と思われるだろう。

 

では、あなたは自分自身を、自分の人生というゲームの中で、最適なポジションで起用しているだろうか?

 

これが重要なポイントである。

 

起用法というのは、能力が分かっていてこそ決まってくる。

ゲームでは、能力がパラメータの値で可視化されているから、起用法に迷うことはない。

 

一方、現実世界の「あなた」というキャラクターは、おそらく能力が可視化されていないはずだ。

 

ゲームで言うと、こんな状態。

ペタジーニ パラメータ不明

これは、決して能力がないのではない。

上の画像のように、本来は

ミート:B

パワー:A

といったようにパラメーターは持ち合わせているにもかかわらず、それが「見えない」「わからない」状態なのである。

見えないのだから、自身の正確な能力値をベースに、判断や行動、いわゆる『采配』をすることができない。

 

この能力が見えない「ペタジーニ選手」を、あなたは、正確に起用することができるだろうか。

間違って1番や2番に置くことなく、4番に据えることができるだろうか?

 

パラメーターが分からない「ペタジーニ選手」を1番や2番で起用していても、おかしくはないだろう。

 

もちろん、その打順を打つことはできるのだが、本来の能力を発揮することはできない。

素質として持ち合わせていない「盗塁」や「バント」のサインが出たら、対応しないといけない。

一方、本来はホームランを打てるパワーがあるのに、ホームランを狙ったバッティングはチームからは望まれていない。

 

 

そういったことが、あなた自身に起きていないだろうか?

 

 

自分自身の能力値が可視化されていないため、興味とか、感覚、周りの人からの助言、押し付けによって、行動や判断をしてしまう。

 

それは、あなた自身に対する正しい采配になっているだろうか?

 

残念ながら、多くの人は、正しい采配ができていないようである。

 

正しい采配をするには・・・

 

まずは、自分のパラメーターを可視化して、把握することがスタートになる。

その可視化されたパラメーターが『門』なのである。

『門』によって、あなたの持ち合わせている能力が、かなり高い精度で可視化され、計ることができる。

それさえ分かれば、あなたというキャラクターの采配は、非常に分かりやすく、楽になるはず。

 

まずは、あなたのパラメーターを紐解いてみていただきたい。